マグネット式義歯

マグネット式義歯

歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。インプラントの材料は骨ととても馴染みやすいチタン合金でできており、この治療方法は入れ歯やブリッジに代わるもので、天然歯に近い審美性と機能性が得られ、よく噛めることが特徴です。

マグネット義歯のメリット

  • 固定用の金属の留め具がないので見た目が自然。他の健康な歯への負担もありません。
  • 構造がシンプルで食べ物がつまりにくく、お手入れも簡単。
  • 義歯が落ちたりカタカタ動くことがなく、強力な磁力でしっかり吸着。
  • わずらわしい留め具がなく着脱が簡単なので、介護が必要な患者さんのケアにも最適です。

従来の義歯との比較

  • マグネット式義歯 従来の義歯
  • マグネット式義歯
  • 従来の義歯

※上の写真は患者さん説明用として製作したもので実際のものとは異なります。

装着イメージ

  • 治療前

    治療前:従来の義歯(入れ歯)

  • 治療後

    治療後:磁石固定式の義歯(入れ歯)

コーヌス義歯

コーヌス義歯は、残っている自分の歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着するというタイプの部分入れ歯です。

  • コーヌス義歯
  • コーヌス義歯

コーヌス義歯のメリット

  • 義歯がカタカタ動かないので、ものが食べやすいです。
  • 金属の留め具が必要ないので、見た目が良いです。
  • 取り外しができるので、お手入れが簡単です。

メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウンは、内側が金属で、外から見える部分にセラミック(陶材)を貼り付けたクラウン(被せ物)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)

  • メタルセラミッククラウン
  • メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウンのメリット

  • 見た目が良く、強度も非常に強いです。
  • 色が変わらず、汚れも付きにくいです。

オールセラミッククラウン

すべてセラミック(陶材)でできたクラウン(被せ物)です。

  • オールセラミッククラウン
  • オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンのメリット

  • 金属を使用しないため透明感が強く、金属アレルギーの方にも使用できる。

オールセラミッククラウンのデメリット

  • メタルセラミッククラウンよりは強度が弱い。

セラミックインレー

セラミック(陶材)でできたインレー(詰め物)です。

  • セラミックインレー
  • セラミックインレー

セラミックインレーのメリット

  • 審美的で強度も強い。

セラミックインレーのデメリット

  • 金属のインレーと比較して歯を削る量が少し多い。