インプラント治療とは

歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。インプラントの材料は骨ととても馴染みやすいチタン合金でできており、この治療方法は入れ歯やブリッジに代わるもので、天然歯に近い審美性と機能性が得られ、よく噛めることが特徴です。

こんな方に適しています

  • 入れ歯を入れるのが負担に感じる、または入れ歯や義歯のせいで食事が楽しめない。
  • 職業的・審美的に入れ歯では困る。
  • 事故などで歯が折れたり抜けてしまった。
  • いつまでもキレイな歯並びでいたい。
  • 施術前

    施術前

  • 施術後

    施術後

従来法との違い

  • 入れ歯(義歯)

    入れ歯(義歯)の場合

    入れ歯は隣の歯が虫歯になりやすく、発音障害になりやすくよく噛めない場合があります。

  • ブリッジ

    ブリッジの場合

    ブリッジは健康な隣の歯も削ることになり、隣の歯に負担がかかり見た目も悪くなります。

  • インプラント

    インプラント

    両側の歯を削らなくて済み、健康な歯を保護してよく噛むことができて見た目もよくなります。

表情の変化

術後はこのように表情も変わってきます。

治療の進め方

  1. STEP1
    カウンセリングを行い、検査・治療法の計画を立て詳しい説明をいたします。
  2. STEP2
    麻酔をかけインプラントの植え込み手術をいたします。
  3. STEP3
    インプラント材の上に人口の歯を取り付けます。

治療後は毎日の歯みがきを欠かさず行い、年に2~3回再検査のため来院して頂きます。